あなたも気付かないうちにツインソウルと出逢っている!?

よく結婚相手と初めて出逢った時に、この人と結婚するんだろうな、とピンときたという話や、初対面なのに意気投合して付き合うことになった、という話を聞くことがあります。それは運命の相手と巡り合ったということで、運命の相手のことをツインソウルと言います。

ツインソウルは同じ魂の片割れのことを意味していて、魂の成長のために助け合うグループを意味するソウルメイトとは少し違います。同じ魂の片割れというのは、本来は1つの魂だったものが、2つの魂に別れたものと言われていて、ツインソウル=双子の魂、文字通りの意味となります。この世に生まれてくる前に、それぞれの魂が肉体を持って、違う人生を歩むので、今、生きている間に出逢えることもあれば、出逢えないこともあります。

もしも、運命に引き寄せられるように相手と出逢い、お付き合いや結婚をしているなら、その相手はツインソウルかもしれません。しかし、結婚をしていてツインソウルと再会した場合や、違う相手とお付き合いしている間にツインソウルと再会した場合は、パートナーがいない場合より、多くの人を巻き込んでしまう結果になることもあります。

どうやってツインソウルと見分けるの?

ツインソウルは2つに別れた魂が、1つは男性に、もう1つは女性に異性同士の肉体に宿り、その世界をお互い行きていきます。中には異性同士とは違い、同性同士の体に魂がそれぞれ宿ることもあります。そのため夫婦や恋人などの恋愛関係ではなく、家族や友人などの人間関係になることがあります。

運よくツインソウルと出逢えた場合、双子の魂の片割れと会うわけなので、理屈なしに強く引き合うと言われています。

例えば、直感でこの人は特別だと感じたり、初めて会ったのに前に会ったことがある感覚に陥ったり、他の人とは違う安心感を味わったりすることがあります。それはツインソウルが、本来は1つの魂だった者同士なので、お互いを求めあい、強く引きあうからです。魂の奥底から求めあうので、理性や感情を超えたハッキリした感覚を味わうと言われています。

相手と出逢った時に、ツインソウルなのか分からない、などの曖昧な感覚の場合はツインソウルではありません。つまり、そもそもツインソウルを見分ける方法を知らなくても、お互い強く求めあう感覚で魂が結ばれているので、ツインソウルと実際に出逢えば分かるはずです。

ツインソウルに課される試練と試練を知る方法

ツインソウルと再会することは、ただ強く結びついて夫婦やカップル、友人などになるだけではありません。ツインソウルは大きな試練が課せられていて、他の人の何倍もの学びや経験を経ることで、大きな幸せを得られます。大きな幸せを得るまでには、大変な困難や苦痛を体験することになります。その試練の内容はツインソウルによって違いますが、大きな試練は、かなり辛く苦しいものなので、ツインソウルと出会えずにいた方が幸せとも言われています。

ツインソウルは魂が経験や学びをすることで成熟し、最適なタイミングで、選ばれた人だけが再会できる相手なので、誰しもが再会できるわけではありません。いくら自分が望んでいても、再会できるとは限らないというわけです。

再会できる確率がとてつもなく低い中、ツインソウルと再会できた場合は、試練を乗り越えて幸せをつかみたいものです。そこで、自分の試練がどんなものか知りたい時や、試練の乗り越え方を知りたい時は、アカシックリーディング・マンダリン占星術・過激鑑定などで知ることができます。

アカシックリーディングは幸運期や人生、出会いや愛する人のこと、何度目の転生なのかも分かるので、特にお勧めの方法です。