ツインソウルだとわかる特徴

トップページ > ツインソウルだとわかる特徴

ツインソウルだと分かる特徴はあるの?

童話にあるお姫様は、運命の人である王子様と出会い、恋に落ちて結婚して幸せになっていつまでも暮らしました…というパターンが多いです。小さい頃は運命の人について夢見ていてもいいのですが、大人になっても運命の人について夢見ていると、せっかくのチャンスもふいにしてしまいます。今まで付き合ったことはあったものの、この人は運命の人ではないと決めつけて人生を損していませんか?

結ばれるべき運命の人とは、かつて1つだった魂が2つに分かれて別々の人生を生きている、魂の片割れ・ツインソウルを意味しています。ツインソウルは同じ時代に生きているとは限らず、性別も異性とは限らないため、再会したいと願っていても、再会できる確率は低く、再会できたとしても結ばれる相手ではないかもしれません。そのため再会できることそのものが奇跡なのです。

ツインソウルと再会したくても、ツインソウルだと確実に分かる特徴が分からないと願いが叶ったかどうか分かりません。ツインソウルだと分かる特徴には様々な特徴があるので、以下で詳しく紹介したいと思います。

当てはまる特徴があるかチェックしてみよう

ツインソウルの特徴は、懐かしさや安心感を感じる、シンクロニシニティが増える、相手の感情が分かる、出会った瞬間に衝撃が走る、頭の中に映像や画像が見える、手や爪が似ている、自分と同じか正反対の部分がある…などがあります。この特徴のほとんどは、魂が元々1つだったことが関係していて、内面的な特徴から外見的な特徴まで色々あることが分かります。

外見的な特徴は、出会ってすぐに見れば分かるのですが、内面的な特徴は、しばらくお付き合いをしないと分かりません。内面的な特徴では、出会った瞬間に初めてなのに、どこかで会った懐かしさを感じたり、7777の車のナンバーを1日に3回見たり、相手が話さなくてもどんな感情なのか分かったりしたことがあれば、ツインソウルなのかもしれません。

しかし、ツインソウルと再会できた人の中には、ツインソウルの特徴に全く当てはまらない人もいます。そういった人は自分だけのツインソウルの特徴があるはずなので、それを大切にしていくといいでしょう。ツインソウルかどうか分からなくても、相手と相性が良ければ、お付き合いや結婚に発展していくことはありますが、ツインソウルの再会は奇跡なので、いくつか特徴に当てはめればツインソウルだと認めて、相手と向き合っていきましょう。

ツインソウルと分かったらどう変わるの?

相手が本当に、お互いを求めあう魂の片割れである、ツインソウルだった場合、どんなふうに変わるのでしょうか?出会った瞬間にビビビッときた、手や爪の形がそっくり、自分と似ている所があれば、正反対のところがあるなど、先ほどのツインソウルの特徴に当てはまる場合は、ツインソウルの可能性が高いと言えます。ツインソウルとの再会ができたなら、それは奇跡に近いものがあります。大体は再会できない人の方が圧倒的に多いので、再会できたことに感謝しなければなりません。

ツインソウルだと分かったら、より相手のことを大切にして、慈しむことができますが、厳しい試練が待ち構えていることもあります。1つだった魂が別れてしまったツインソウルは、魂を1つにしようと試練を乗り越えなければなりません。例えば、感情の試練としては、不安・孤独・嫉妬・劣等感・執着心など、人間の負の感情が芽生え、それと戦っていく必要があります。

試練を乗り越えた所にツインソウルの幸せがあると信じて、試練を乗り越える決心をしてみてください。