テレパシーのようなものを感じる

トップページ > ツインソウルだとわかる特徴 > テレパシーのようなものを感じる

テレパシーのようなものを感じたらツインソウルかも…

長年連れ添った夫婦や、長く同じ時間を過ごす相手となら、テレパシーのように相手が何を考えているのか分かり合えることがあります。しかし、ツインソウルの場合は初対面でも、そばにいるだけで相手が考えていることが分かります。それは元々1つだった魂が、それぞれ肉体を持って生きているためと考えられます。

ツインソウルはお互いの魂が引き合うので、意識せずとも相手の感情が分かったり、相手の次の行動が分かってしまいます。相手のことを深く知れば知るほど、見つめ合うだけでテレパシーのように理解し、お互い唯一の魂の存在であることを再確認できることが多いそうです。

さらにツインソウルの中には、どんなに遠く離れていても気持ちを通じ合わせることができるようになった人もいます。相手の感情が分かるというのは、魂の共振とも言われていて、魂の奥底でお互いを求めていることで起こります。例えば、何の前触れもなく急に不安な気持ちが襲ってきた、自分が抱いている感情ではない感情が湧き出てきた、というケースもあります。相手が目の前にいなくてある程度の距離があっても、テレパシーのように感情が流れ込むため、相手がいなくなった途端にテレパシーのようなものを感じたら、それはツインソウルなのかもしれません。

初対面で相手の感情が分かることは、普通はあり得ない話ですが、ツインソウルは突然相手の感情が流れ込むため、すぐにツインソウルと確信できるポイントになります。